現代人にとっての葬式を考える

PR | 骨壺の価格はこちらから
葬式とは主に通夜と葬儀、そして告別式の三つに分かれています。通夜というものは葬儀の前日の夜に故人の傍で肉親などの身近な存在の方々が行うもので、告別式は多くの友人や知人を交えて昼に行うものだと考えられてきました。ですが、最近では通夜をなくして葬儀と告別式を同時に行うなど現代人の細かいニーズに合わせた葬式が其々の会社から提供され注目を集めています。この様な以前では考えられないタイプのサービスが提供されはじめた背景には、少子化や核家族化が進んで、従来の葬式を任せられる様な人材が減ってしまった事と、残された遺族などが経済的な負担をあまり感じない様にする為の配慮からです。今では葬儀と告別式を同じ意味で考える方も増えてきていて、現代人にとって葬式というものはシンプルに行える式典という風に見方が変わりつつあります。又、この様な時代の流れを受けて遺骨そのものを海などで散骨する様な葬送を選ぶ方も増えています。

通常、日本人の多くは、散骨という方法ではあまりこれまで、葬儀を行っては来ませんでした。

または、葬儀そのものは行うものの、お墓に入る、という風習が大きかったため、葬儀の後には結婚をした旦那さんのお墓や家族のお墓など、配偶者の方とのお墓に、いっしょに入る、という感覚が大きく、風習となっていました。

しかし、昨今では、少子化などの問題などもあり、また同時に「結婚をしない30代、20代が急増」していることから、配偶者を選ばずに、葬儀だけはしてもらい、遺体を焼き場で焼いてもらった後に、骨になった状態、つまりこの粉々に近い状態の骨を、撒いてもらう、これが散骨というのですが、この状態での散骨による葬儀、というものを希望される方々が急増しています。

この理由に関しては、自然に還りたい、という気持ちなどと同時に、独身で過ごすために、または独身で過ごしていたために、今後も一人で好きな場所で眠りたい、という気持ちが表現されている、と今、とても人気のものとなっています。

<PR> アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / JALカード / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / ショッピングカート / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / お家の見直ししま専科 / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com